« みゆさんB→Aと今日のお客さま。 | トップページ | 痛嬉。 »

2009年11月 4日 (水)

毒にまみれた…。

ステンドに一緒に行ったSさんが、「Xさんには参った」と言うので

「なんか裏表はありそう」と返事をすると

「そうやねん!!」とXさんの話をしてくれたのですが、
仕事で関わる分には全然見えなかった「裏面」が、数人で夕食を食べに行った際に露見。

Xさんはあらゆる物事に怒りを抱いているかのように、
仕事関係者、彼氏、弟の嫁などの悪口を次々に語り出したのだそうです。

多少のうわさ話などは、まあ誰だってすると思うのですが、笑い飛ばす事もできないようなあまりの勢いに、Sさんは毒気にあてられて気分が悪くなったそうです。

まあ、大して親しくもない知人(友人にはなりそうにない 笑)の、弟の、嫁の話なんぞ1ミクロンも興味ないわなあ…とSさんに同情しました^ ^;
嫁のことをホロスコープで観てもらったら、いかに自分勝手か、みたいなのが現れていたということなのですが…。まあ、自分はどやねん、と言いたくなりますわな(笑)。

私が会社勤めじゃなくて良かったと思うのは、そしてこれからも無理だと思うのは
やはり人間関係が大きいですね。
嫌だと思っても、毎日毎日、隣だか向いの席にその相手がいたら逃れることもできないし…。

20代の頃はありましたけどね。
小さ過ぎる印刷会社にうっかり就職してしまったところ、やたらと封建主義だったりして
会長のばーさんのお気に入りの男子社員と仲良くなったことから嫌われてしまい、
3時のおやつタイムに、私だけおやつを配られなくなったという(笑)。

機嫌を損ねたら恐ろしいばーさんだったので、事務の女の子が避けて通って行く様子を
「田中さんにはあげたらアカン」などと言われて、私には悪いなあと思いながらも逆らえないんだろうなあなんていうのが手に取るようにわかりました。
いい歳して、「おやつあげたらあかん」とか言う方も言う方やし…。

恐らく、私の試練の時期は10代前半〜25歳くらいだと思います。
それを過ぎてからは、随分と楽になりましたから。

Sさんとは、何となく仲良くなった、という感じだったのですが
話をしてみると思った以上に似ている所がありました。
大勢ひとがいる中でも、やはり類は友を呼ぶのかも知れません。

« みゆさんB→Aと今日のお客さま。 | トップページ | 痛嬉。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毒にまみれた…。:

« みゆさんB→Aと今日のお客さま。 | トップページ | 痛嬉。 »