« パーソナルカラー 今日のお客さま。 | トップページ | アラフォー女性たち。 »

2011年5月20日 (金)

パーソナルカラー 今日のお客さま。

先週お願いした母の帽子を、今日二人そろって引き取りに行ったのですが…。。。

パッチワークの作品で母も私も気に入ったんですけど、一から作り直したことで、全く別物に…。

見た瞬間から母は「これは被られへんわ〜」となりまして、スタッフのHさんは親切な方なので「お店で引き取って販売します」とのことなのでそのようにしていただきました(ノ_-。)

お手間を取らせたので申し訳なかったのですが、確かに私も「似合う」とはちょっと言いにくかった…。
制作者さんと直接のやりとりをしていないのが失敗でしたね。。。残念。

パッチワークなだけに、どんな布を使うかで全くイメージが変わってしまうというのは難しいところですね。。。。と午後はちょっぴり意気消沈の二人でしたが。

午前中はパーソナルカラーのお客様でした。

昨日急遽お電話をいただいた今日のお客様は、一週間ほど前にお知り合いの方のお誘いでセミナーを受けられて簡易診断を受けられたそうです。
その診断でSpringと言われ、いざワードローブを整理されようとすると、この色はどうだろう?と気になったのだそうです。

お持ちのお洋服も、好きな色もWinterの中に多いと、カラーサンプルの表をご覧になっておっしゃるH様。結局診断の結果もWinterさんでしたので、今までのご自身の感覚はかなり正しかったのです。

「これからチャレンジしたい(今まで着ていない)色から2色選んで」ということで、1人10分くらいで、イエローとピンクを診てもらわれたそうです。

思わず「10分で2色(合計8枚)ですか?10分あったらもっとたくさん診れますけど^ ^;」と言ってしまいました。

2色だけでシーズンが決められてしまうのは危険極まりない。しかも、間違った結果となって却って混乱を招いてしまったことになりますから…。

ただ、そのお陰でお客様がもやもやされて「ちゃんと診断を受けよう!」と思われた結果お越しいただけたので、私としてはラッキーということになりますが^ ^

いくつかサイトをご覧になった結果、コロリエを選んでいただいた決め手は…室内ほかの写真だったそうです。過去にグラフィックデザインのお仕事をされていたそうですので、ビジュアル面から受ける印象を大事にされるタイプなのかも知れません。また色を使うお仕事ということで、知らず知らず色彩感覚も優れておられたのでしょう。

ワードローブの整理中に悩まれたという焦げ茶も、Winterさんが着て大丈夫ですよ!と言うと「良かった〜」とおっしゃていました。

ご自身の思い込みと、診断の結果があまりにも違うという場合、お客様が「あの服はどうしたら良いの〜」という複雑な想いがぐるぐるされる様子は度々お見かけしますが^ ^;
また、色彩の感覚も優れている方とそうではない方という個人差はもちろんありますが…。それでもパーソナルカラー診断は、一緒に鏡を見て行うので、アナリストとお客様が全然違うものを見ているという事はないのです!

でも、私もその昔Springと言われた事がある位なんで…。
(髪を茶色く染めて茶色のコンタクトしていたから)

なんか、雰囲気だけで、「似合う」を漠然と捉えたままパーソナルカラーを仕事にしている人が多いのかなあと思ってしまいますね。

別にプロだから特別な色が見えているわけではないですし(笑)、お客様にも「例えばこの部分(顎のラインなど)を見比べてみてください」と誘導して注意深く見ていただいたら、大半の方がすぐに納得されます。

ただ色みの微妙な違いの中、OKな違いとNGの違いは経験値ではありますが。。。

« パーソナルカラー 今日のお客さま。 | トップページ | アラフォー女性たち。 »

パーソナルカラー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パーソナルカラー 今日のお客さま。:

« パーソナルカラー 今日のお客さま。 | トップページ | アラフォー女性たち。 »