« 昨日は久々に。 | トップページ | 淀屋橋へ。 »

2012年6月18日 (月)

ナチュラルハーモニー/コンプレックスハーモニー。

昨日はパーソナルカラー基礎講座7回目のレッスンで配色。
UさんはWinterさんなので、雑誌からWinterさんに似合いそう(自分でも着るのに抵抗がない)スタイルの切り抜きを選び、一部色を変えてカラーカードで表現します。

「難しい〜」を連発するUさんでしたが、
元々お洒落さんなので、日常のコーディネートには自ずと色使いを考えているはずなのです。
その「何となく」をハッキリと言葉で表現する練習。そしてコンセプトを考えて、そのコンセプトに基づいて人を納得させられるかという練習。先週学んだ配色技法も多少は取り入れて欲しいなと

雑誌を切り抜く度に「これ、ヘンかも知れないですけど」「ベストじゃないんですけど」と言い訳(?)しながらのUさん。
「もうその枕詞は要りません(笑)」

Uさん、間違ったらどうしよう、変と思われたらどうしようと完璧主義の傾向がある様子。手を動かしてみなければ習得できないし、1色を変えるだけで全体のバランスが取れたりする感覚も、やってみなければわからないのです☆

ところで先週学んだ配色で、「家で復習したんですけど、コンプレックスハーモニーが…そんなにめっちゃ違和感はないような」とUさん。

色彩検定でも外せないのが「配色」ですが、その中に出て来る配色名称の「ナチュラルハーモニー」と「コンプレックスハーモニー」
ナチュラルハーモニーとは、自然界の色の見え方に沿った配色で、例えば植物の緑。光の当たった(明るい)所は黄色みがかって見え、影になった(暗い)部分は青みがかって見える。
コンプレックスハーモニーとはナチュラルハーモニーとは逆で条件も少し違います。
色相環やトーンがわかっていないと何のこっちゃなんですけど、ナチュラルハーモニーに沿った配色一例が上、コンプレックスハーモニーの一例が下です。

0618natural_4

コンプレックスハーモニーも、一応「調和」しているということなので…そんな見た目にゾッとするとかそうゆー配色になるわけじゃないと言うとUさんは「あっそうか〜」と納得していました。
しかしこれも「何でだろう?」と疑問に感じる事で結局理解が深まるんですよね


ランキング参加していますポチッとしていってくださると嬉しいです。お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ

« 昨日は久々に。 | トップページ | 淀屋橋へ。 »

カラーコーディネート/リノベ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナチュラルハーモニー/コンプレックスハーモニー。:

« 昨日は久々に。 | トップページ | 淀屋橋へ。 »