« S.Y.さんのこと。 | トップページ | 大山崎山荘美術館へ。 »

2012年9月24日 (月)

直感正しい!

きのうパーソナルカラー診断にお越しくださったお客さまは、奈良県から。
幼稚園の先生をされていて、普段はお化粧は薄め…。
取れたらそのままという感じなのでお化粧品もあまり減らないとか

それが、少し前にカウンターで選んでもらったチークやリップの色に違和感があり、「一体何色が似合うんだろう?」と気になってきて診断をお申し込みくださったそうです。
お年は私の2歳お姉さんでしたが、お話の中に「バブルの頃…」「昔こういうのが流行ったじゃないですか。あ、流行ったんですよ」と
(同年代扱いしてはいけないわ)というお気遣いを感じましたので、めちゃめちゃ同年代なのですが、特に口を挟む事なくそのままにしておきました(笑)

それにしても、最近来られるお客様は、20代の方も、30代の方も、40代の方も、なぜか「もう年齢も年齢なんで」という台詞を口にされる方が多い気がします。
「年を取る」=良くない みたいな考えが植え付けられているんでしょうね。

とか言いながら、私も電車やら街の中で「あの子は20歳前?」とか「40代後半?」とか見ながら考えているんですが……。特に女性専用車両に乗ったときとかに。。。年齢は首に出るとか、手の甲は隠せないとか…色々言いますけど、例え後ろ姿であっても、瞬時に脳が判断しているような。
それって髪質とか、服装とか、姿勢とか、肌の見えている部分とかを脳内コンピューターで処理される感じなんでしょうかね。

この間お友達のS☆さんと話していたときは何と言っても「ハリ」だ。という話になりましたが。

話は戻り…昨日のお客さまY樣は、お仕事柄日焼けする事も多いそうですが、本来はかなり色の白い方のようで、ご本人が日焼けして!と言われるほど焼けている感じもなく。
また、瞳は茶色いし…。見た目の印象だけではシーズンを特定できないタイプですが、診断をしてみるとWinterさんでした。

美容部員さんに選んでもらったチークやリップは、実はコーラルピンク。ちなみにシャドウはゴールドブラウン。それらの相性自体はバッチリですが、S様のお顔には合っていません。

後からおっしゃっていたのは「髪の色を明るめに染めるようになってから、色が選びにくくなったような気がします」ということでした。
S様のワードローブを伺うと、ベーシックカラーがほとんどらしいのですが、紺やグレイなど、ブルーベースさんの色が断然多く、たまにはカーキを買おうと試着してみても、「どうもお洒落に見えない」と止めた事もあるそうです。

そんな風に、理屈は知らなくても感覚で選んでおられた色は大体が正解のよう。
良くお伝えしていますが、根拠なく「これ似合う気がする」という直感は正解の確率が高いと思います。


ランキング参加していますポチッとしていってくださると嬉しいです。お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ

« S.Y.さんのこと。 | トップページ | 大山崎山荘美術館へ。 »

パーソナルカラー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 直感正しい!:

« S.Y.さんのこと。 | トップページ | 大山崎山荘美術館へ。 »