オーラソーマ

2015年2月15日 (日)

オーラソーマはお休みしております。。。

忙しいながら充実した一週間でした。

11日にパーソナルカラー診断にお越しくださったお客様はAutumnさんでした。

昨日はTさんのパーソナルカラー基礎講座の2回目レッスン。

そして合間に……「現場女子」しておりますcoldsweats01

私も理事をさせていただくNPO法人の書類を申請したところだそうで(手直し後、承認までには3ヶ月ほど要するそうです)、その活動に使うための拠点をリノベーションすることに。
戦前に建てられたのでは?という長屋なので、構造が弱ってたりなどしています。

いつもお世話になっている大工の大道さんにお願いしていますが、少しでも段取り良く行えて予算を削減するために、解体で出たゴミを片付けたりなどの地道な作業。

天井を落としたらネズミの糞スゴかったり……。
何しろ鼻の穴も真っ黒になるし、髪の毛はパシパシになるしで大変ですが。

結構楽しんでますhappy01 なかなかできない体験ですしね。

古い木造住宅の構造があらわになった中で、ひたすらがれきを集めていると
戦後バラック小屋からスタートした人の気持ちがちょっとわかるような(笑)

ところでタイトルですが、昨日と今日、オーラソーマのご予約メールをいただきました。
お一人は以前受けてくださった方とのことです。何か困った時に思い出していただけてとても光栄なのですが、昨年末をもってオーラソーマはお休みすることにしました。
復活するかもしれないし、しないかも知れません。2年ごとにプラクティショナー資格を更新しなくてはいけないのですが、オーラソマーに関してステップアップしていきたい気持ちが起こらず…。
内面的な事を扱うセラピーなので、いい加減な気持ちでするのはお客さまにも失礼だし。

心理的な事は昔から興味があったので、またそっち方面をやらなければ!という時が来るかも知れません。

オーラソーマに来られたお客様にもよくお話していましたが、
自分の本当の気持ちに正直になること、やりたい事や望みを明確にする事って大事だと思います。

私も以前、占いやセラピーに頼りまくっていたときがありましたが……。
他人から押し付けられたものは一時的に気をまぎらせてくれるだけだと思います。

自分が自分の内面に気づく事が大切だなあと。

オススメの方法は、紙に書き出す事です。書くとなると嘘はつけないから自分に正直になれますよ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月23日 (水)

土曜日のお客さま。

どこまで書いたかな?と思ってブログをチェックしたら……またまたサボっておりました。

土曜日はオーラソーマ(R)のお客さまでした。今まで何度か受けた事がおありだとか。
タロットのお勉強をされていて、占いハウスような所に所属もされているそうです。
選ばれたボトルからは潜在的なパワーのすごさを感じました。

「アダルトチルドレンで、幼少期のトラウマを抱えている。まだ癒せてない」という事をおっしゃっていました。タロットの先生には「泣く事で浄化できる」と言われていたそうです。

それはそれで間違ってはないのでしょうけれど、私は思うのは、

私たちはトラウマの解消のために生まれて来ているわけではないし、完全に癒されるのなんていつの事かわからないし、「あー完全に癒された」なんてわかるものでもないと思います。

人のためにと動き出せば、自ずと自分も癒されてくると思う、その段階ごとに自分の事も新たに見えてくる事があると思う。「泣かなければ」「癒さなければ」と真面目に思い過ぎたらまたそれができないときに罪悪感になるのでは? そんなお話をしました。

今まで受けたオーラソーマはボトルの意味を全てプラクティショナーが教えてくれて、なるほどと思っていたそうです。でも選んだボトルはあなた自身です、というのがオーラソーマの考え方なので、その方がどう感じるかが大事だと思っています。

過去のトラウマに向き合う時期というのは、きっと誰にでもあると思います。何度も波のように来るものではないでしょうか。そういうタイミングが来たらそうしたら良いと思いますし、そうじゃないときにまで、わざわざほじくり出すものでもないと思います。

オーラソーマは、パーソナルカラー診断よりも緊張します。そして毎回自分にも学びがあります。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 9日 (日)

きのうのお客さま。

昨日オーラソーマ(R)コンサルテーションにお越しくださったお客様は、何年も前からオーラソーマが気になっていたそうです。

最近、お仕事に行き詰まりや不調だなと感じておられて、癒されたいということでお越しくださいました。

選ばれたボトルのキーワードをお伝えしていると、すぐに「こういう点に思い当たる事があります…」と内観されているご様子。

昔やりたいと思っていたのに、お仕事に忙殺されて遠ざかっていた「夢」
すぐに叶えられるものではないかも知れませんが…心に持っていればきっと引き寄せ作用が働くはず!

ただ、20代後半ということで……。これから結婚や出産というイベントも待ち構えている事でしょう。 タイミング間違えたら、結婚が遅れたり遠のいたりなんて事もあるかも??

私個人的には、自分に合った仕事、やりがいのある仕事を模索してきましたし…。同じように考える女性には共感します。
でも、誰にでも勧めるわけではないし、人それぞれに向き不向きもあるし、持って生まれた能力もあると思います。それをわからずに、人と同じようにしても成功しないかも知れない。

コロリエを始めて12年目になり…営業能力の無さとか、人の輪が苦手だったりとか…色々とビックリする位改善されないまま、どうにかやってきてますが、「カラーの仕事」に関しては「向いてないなあ」と思った事は一度もないです。
ビジネスの方法に関しては「もっとこうした方が良いのだろうか云々」としょっちゅう頭を悩ませていますが、だからといってそれは「この仕事を辞めた方が良いのだろうか」という事では全くなく。

私の場合は、苦手、嫌い、できない、がハッキリしててある意味ワガママだからだと思いますcoldsweats01 嫌だけどできないわけではない……という気持ちがあれば、何かを切り捨てたりする事は難しい。

でもそれも、切り捨てる事をオススメしているわけじゃないです。

その人の質、使命や役割…それぞれ違うもの。自分で気づいて正しい道を進んでいるとその人が感じられるようになる、そのお手伝いができるなら、光栄に思います。

昨日来てくださったY様は、何年も気になっていたオーラソーマを受けられて良かった、昨日までとは違う考え方ができそうです、とおっしゃってくださいました。

理想の形で夢が叶えられるよう、祈っております。shine

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

きのうのお客さま。

きのうは午前中ターナーさんで会議。
1月末に入校したカタログが印刷されていたので、写真に協力してくれた小学生のお子たちなど関係者各位にもお渡ししようと多めにいただいてきました。

0210catalog


午後からは、先日久々にメールをくださった、M様のオーラソーマ(R)コンサルテーション。

久々にお会いした印象は「女らしくなった」heart04

そうお伝えすると、「そうなんです〜〜」と恋バナに(笑)
うーん、境遇に何か多いに共感できるお話でしたsmile

初めて来てくださったのは4年半前か5年半前か…夏だった事は覚えていますが。

この期間の変化は「自分らしくなっていった」これに尽きるのかなあと思います。

親や環境から植え付けられた根強い価値観は、時に壊すのが難しい事もありますよね。

十三にある既存の素敵なカフェを引き継いで新しくオープンされるそうです!
十三は、ターナーさんのある神崎川のお隣の駅…。今まで素通りだったけど、会議のある日には途中下車してランチなどできれば良いなheart04 マクロビを習っておられたMさん提供のお料理楽しみです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月16日 (土)

きのうのお客さま。

ブログ更新久々です…。
片付けまくりの毎日ですsweat01

きのうは、午前中ターナー色彩さんで会議。午後からは先週お友達と一緒にお越しくださったFさんがご自身のオーラソーマ(R)コンサルテーションを受ける為にお越しくださいました。

先週受けてくださったお二人と、やはり共通点を感じます。

お話を伺うと、今年は精神的にかなり大変だったそうで……やはり、そういう方が多いような気がします。

でも、辛い出来事の中、大事な事にもたくさん気づいておられましたし、もっともっと、ご自身の素晴らしい質に気づいて生かして行っていただきたいなーと思います。
昨日お話していて、「ギフト」についてあらためて感じました。ある場所では生かせないかも知れない「素質」が、別の場所ではものすごく貴重だったりする……。
生かせない場所でもがいているよりも、生かせる場所でさらに磨く方が良いですよねshine

夜は、書道の生徒さん。
お一人目は、6月頃にご結婚のために辞めておられた方ですが、条幅という大きなサイズを書く際に使う下敷きをお預かりしたままになっていました。というか、私は誰のかわからなかったのですが…。母の事を知らずにたまたまお電話をくださいました。
辞めた後も書中見舞いを送ってくださったりしていました。披露宴が今月末とのことで、母が「お祝いに何か字を書いてあげるから11月に入ったら連絡してきて」と言ってたそうでsweat01
当然、驚いておられました。そして昨日下敷きを取りに来ていただきました。

それから、10月まで通ってくださっていた生徒さんのうち、お二人の方が来てくださったので1月号の教科書をお渡しし、お預かりしていた半年分の教科書代をお返ししました。さらに、母の書道の本の中から少しだけですが持って帰っていただきました。

お二人は一緒にお稽古されていたのですが、お互いの連絡先はご存知なかったようで…。お話も弾んでいて良かったです。お一人の方が、次に行く教室を調べて見当をつけておられたのですが、もう一人の方をお誘いされていましたhappy01
本当に、ぜひぜひ、これからも書道を続けて行っていただきたいと思いますsign03

お二人に「すごく楽しかった」と繰り返し言っていただき、母と私がケンカしていた期間に度々話題になったという親子喧嘩のネタを語ってくださいました。coldsweats01
お一人の方は、作品をお預かりするために先月初めてお会いしたのですが、もう一人の方は私は最初にメールをやり取りした事があるだけで、全く初対面でした。

そう言えば、オーラソーマのFさんが帰られた後、みなさんが来られるのを待っている時、ちょうど書道講座があった金曜日であったのもあり、(母はお昼のレッスンから夜のレッスンが始まるこの時間をどんな風に過ごしていたのかな)とふと考えていました。

でも最終的に通ってくださっていたみなさんのおかげで、きっと母も、楽しみにしていたのではないかと思います。ありがとうございました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 8日 (金)

きのうは二組のお客さまでした☆

きのうは、オーラソーマ(R)のお客さまがお二人と、パーソナルカラー診断のお客さまがお二人。

オーラソーマのお客さまですが、9月に「ひよこ珈琲さん」の壁塗りをお手伝いに行った際に来られていた、ご近所のFさんが、先日メールをくださり「オーラソーマの予約を取りたい。友達と3人でも大丈夫ですか?」とのことでした。
さっ、三人でオーラソーマsign02一緒に来られてワイワイみたいに思っておられたらどうしようcoldsweats01と思ったら、お一人受けておられる間は近所をぶらぶらしていますとのこと。そう言えばひよこ珈琲さんで少しお話させていただいたとき、玉造界隈が大好きっておっしゃってたなー。

さらに、三人というのが多ければ、私は予約だけとって後日来させてもらいます、と優しいお気遣い。確かに私も、オーラソーマのお客さまを1日で3名というのは、若干自信がなくsweat01 有り難くそうさせていただきました。

ママ友というお三方でお越しくださり、お一人目のI様を残してFさんとUさんという方は、ご近所散策に出掛けられました。そして所要時間きっかりにお迎えに。。。そしてお昼休みを挟んでUさんが来られ、Uさんが終わられる頃にまたお迎えに。

IさんとUさんは、一見したキャラはかなり違う印象ですが、Fさんももちろんのこと、とても優しくてお友達に想いのみなさんでした。happy01 Fさんは来週改めてお越しくださいます。

ひよこ珈琲さんのおかげで新しいご縁ができて嬉しいです。まだオープンはされていませんが……オープンしたら再び八尾散策に行かなくてはsign01

夕方からパーソナルカラー診断にお越しくださったのは、大学4回生という男性と、社会人の女性。カップルかと思っていたら、お友達同士とのことですが、お買い物に一緒に行ったり「冬の服って、私どんなの着てたっけ」とかお互いに確認してみたりと、かなり仲良しのよう……。えっそれでもつきあってないんですかcoldsweats01とオバちゃんには若者の気持ちがわかりません(笑)

礼儀正しく笑顔がキュートな男子と、人見知りもあってクールな美少女と言う感じのお二人。

男性のN様がSummerさん、女性のO様がWinterさんでした。
口数が少なくてあまり余計な事をおっしゃらないので、さくさくと診断が進んで行きました。

(つきあったら良いのに)と、全然関係ないのに言いそうになって、余計なお世話なので飲み込みましたsmile

O様の診断をしていたとき、N様が「なんか、似合う色のときはその服を着ているのがイメージできますねsign01」とおっしゃいました。男性にはめずらしく(?)感性豊かな方のようで、O様曰く「彼はお花とかも結構好きだったりするんです」とのことでした。
また最後に質問で「パーソナルカラーは、インテリアには関係ないんですか?」と、これまた「良い質問ですsign03」という感じ…。これこれの理論で、インテリアにも応用できますよとお伝えすると、どことなく満足気ににっこりされていました。

ということで、朝から夕方までみっちりとお仕事させていただき、充実した一日でした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 4日 (月)

きのうのお客さま。

きのうはオーラソーマ(R)コンサルテーションのお客さまでした。
オーラソーマは前々から気になっていたそうですが、受けるのは初めてとのこと。

ボトルを選んでいただくと……何と言うか、絶対癒し系sign01という感じ…。

お仕事は、正社員で事務職をされながら、週に3日は飲食店のアルバイトもされているという、超バイタリティのある方ですが、「癒し」のお仕事をしなくても、常に、他の人が仕事をしやすいように気を配ったり、お客さまのことを気に掛けたりと…スゴいなと思いました。

「色」で心理を始め色々な事がわかるなんてsign02と不思議に思っておられたようですが、一本目のボトルからこの色はこんな意味があって…とお話をすると目を見開いて驚いておられました。

心当たりの事を語ってくださったり、そして事前に引いておいたオラクルカードの一枚目は「水を飲む」でそれを見てまたビックリ。慢性脱水症状とお医者さんに言われているそうですsweat01

コンサルテーションが終わる時には「ありがとうございましたsign01なんというか…心が洗われました」と言ってくださいました。多分、自己肯定できたからだと思います。

気質も、何となく共通点を感じるお客さまで、お互いに「タイミングってありますよね」ということを感じ、何度もお礼を言ってくださって、私も嬉しくなりました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 7日 (月)

土曜日のレッスン。

土曜日は、パーソナルカラー基礎講座、Hさんのレッスンでした。

11月に色彩検定2級を受験されるO.A.さん以外、4名の方がイメージボードorファイル制作を残すのみとなっております……が、この制作が結構大変なので残り3回がなかなか終わらない…。先日オーラソーマに来ていただいたI.K.さんは材料揃え待ちで4ヵ月近く経ってますからねsweat01

まあ、とくに期限を設けているわけではないので私はいつでもOKです。でも時間が経てば経つほど、モチベーション下がって行くんじゃないかしらcoldsweats01

話はHさんに戻り、色彩心理の2回目で、オーラソーマ体験でした。講座の申し込み前、パーソナルカラー診断と一緒にオーラソーマを受けてくださっていたのですが「前、どんなん選びましたっけ〜」と二人ともはっきりと覚えてなかったのですが「タロットの絵がタワーで、ビビりました」って事でした。タワーって事は……16番。果たして、知らずに前回と同じボトルを選んでいるHさんでした!

しかも、今までオーラソーマを受けてくださったお客さま、生徒さん……のべ数百名ですが。初めて1本目にセラピスベイを選んでしまいました。1本目にセラピスベイを選んだら…「黒ひげ危機一髪」的にボトルが飛び出すとか。。。。ということはないのですが、実はプラス1本選んでもらうことに。

ボトルでは準備が整っている感じがするのですが、現状はとっても悩みまくっているHさんでした。

最近オーラソーマを受けてもらった他の生徒さんの話もしながら、みんなそれぞれに覚悟を決めてやっていく時が来てる気がすると…。

そういえば、先日ある人とお話していたときに「あんな人と思わなかった」というようなフレーズをお互いに繰り返していることに気づきました。
誰かに対して、勝手な色眼鏡で見ていたという部分もあるのかも知れませんが、思うに人それぞれの「本質」部分が明らかになって良くも悪くもごまかしが利かなくなっているような…そんな気がします。

「愛」または「怖れ」からの二通りの動機しかない、というような話がありますけど……。まあそんなん、極端やんとも思いますけど。
今までは曖昧にごまかせてたけど、自分自身ここ最近は「愛」はともかくとして(笑)、こりゃあ「怖れ」からの行動やったんやなーと後で思うような行動は、どうも実を結んでないといいますか。
「ひとりだったら寂しい(から)」これも完全に「怖れ」ですね!

今までと同じやり方が通用しない時代とも聞きます。。。みんなそれぞれに、変化のときというのか…何となく大変だったりしていると思いますが、きっと方向性が見えてきたら少し楽になれるのではないのかなと。。。というか、Hさんも別に「ラク」を望んでいるワケではない、ただどっちの方向に向かって行けば良いのかわからないからしんどいのだということでした。

わかるわーthink

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月22日 (日)

覚悟を決めるということ。

金曜日、3ヵ月ぶりのお客さまでしたsign01

パーソナルカラー基礎講座を受講され、色彩検定3級を受験されたI.K.さん。シングルマザーとしてお仕事も頑張っているI.K.さんは夏休み中はお子さんの事もあってバタバタしていたとのこと。 最後のイメージボード作りがまだ残っているのですが……雑誌を集めていたのにお母さんに捨てられたそうですcoldsweats01
そんなI.K.さんですが、オーラソーマ(R)を受けたいというので来てくれました。

来年春に転職が決定し、心の中に迷いがあったようです。

オーラソーマと言えば、先週水曜日、現在基礎講座を受講中のI.M.さんがちょうど授業でオーラソーマの回になりました。

奇しくも同じIさん同士…。

お二人の環境はそれぞれ違い、年齢も違うのですが……。

何と言うか「覚悟を決める」というのがどちらにも言える気がしました。

お二人に限らず、多くの人がもしかしたらそのような時期に来ているのかも知れませんね!

今居るステージよりも一段高く、一層広く……そんな場所を目指すのには、気持ちの上の覚悟が必要。多分、自分で決めてきた「使命」なので、いくら大変そうだな〜と怖じ気づく気持ちがあったとしても、逃げるのではなくて立ち向かって行く事で「ギフト」になるんではないかと。。。

I.M.さんの場合は、今年初めから働いておられる職場が、結構精神的にキツいお仕事のようで、授業中にもこぼしておられることがちょくちょくありました。Springさんなので不思議と愚痴っぽい暗さはないのですが(笑)。それが最近になって、ようやくコツのようなものを掴み、そうすることでお客さんにも喜んでもらえたり会社の先輩にも褒められたりするようになったとのこと。

そんなわけで、お二人とも現状を確認し、少し前向きな気持ちになってまた進んで行かれるのではないかな?と感じました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 3日 (火)

きのうのお客さまは…ある意味“リベンジ”繋がり。

きのうの話題の前に…今日はO.A.さんのレッスンで、色彩検定対策へ突入しました。前回までと比べて「時間が長く感じた」とはO.A.さん談。

光や眼のしくみの話をしましたが、色の見えるしくみについて何から何まで初耳状態のO.A.さん。
光の混色の話の際に「そういえば…前に買ったけどしょぼくて使ってなかったやつがあったな」と思い出したのが「ピコライト」なるもの。
スイッチを入れると、RGBの光がまず単独で発光し、その後RとGが同時発光でイエロー。GとBでシアン。RとBでマゼンタ。そして最後にRGB同時に発光して若干青みあるけど白っぽい光になるというものです。

これ改めて使ってみると、なかなかわかりやすかったです。

0903red

0903green

0903blue

また、参考図書としてオススメの本がありますが…教室に置いて来て今手元にありませんのでまた後日。 amazonで中古で購入したので、古本臭いですsweat01

話は昨日に戻りますが、オーラソーマ(R)のお客さまとパーソナルカラー診断のお客さまでした。 オーラソーマのお客さまH様は、半年ほど前までアパレルのお仕事をされていて、色々あって辞め転職活動中とのこと。アパレルとは全く違う世界でのお仕事をしようと思っているけど、なかなか決まらないとのことでした。
オーラソーマは占いじゃないので…受けてお役に立てるのかな?という不安もあったのですが…。

選ばれたボトルが本来の姿とするなら、お話をお聴きする限りでは、H様の良い部分が出せてなかったというか。表面的な事にとらわれて本質を見失っていたような所があったのかな?という気がしました。 転職というのも、アパレルが嫌になり…どちらかと言うと“逃げ”姿勢のようなものがあるかもと、気づいておられます。

スピリチュアルな事も色々とお勉強されたりしているようで、ザ・シークレットも読んだ事があるそうです。「引き寄せ」的に考えると…マイナスの気持ちの状態では、転職活動も上手く行かないかも知れません。

アパレルに「とりあえず」「一旦」でも戻り、仕事の仕方を変えて…。嫌になっている気持ちから好きになってみるのは??という事を言うと、軽く上を仰ぎ見たH様。
お申し込みいただいた後で、以前の職場に戻って来ないかという連絡と、他にも仕事の紹介があったそうです。「アパレルに戻れって事ですかね〜」と複雑そうでしたが。私が言ったのはあくまで「たとえば」でして(笑)

お給料では、紹介(派遣)が断然上だけど、総合的には以前の職場かな…と言いながら、玄関先で「まあ、アパレル好きなんですけどね」って、好きという言葉が出て来ていましたhappy01

ちなみに、見るからにイエローベースさんっぽい感じで…黄緑っぽいチュニックがお似合いでしたし。前は販売で…とお聞きしたら「やっぱり!」って言いたくなるような。
「良く言われるんです」とH様。

どうやら、元の職場に戻る方で決定になったらしく、今日わざわざお礼のメールを送ってくださいました。

夜お越しくださったY様は、漆黒のロングヘアと超目ヂカラすごい、とっても存在感のある方でしたsign01正直私、ちょっとビビりました(笑)

環状線の反対方向に間違えて乗られたので、時間が遅くなり…そんな話もされているので決して無口ではないのですが、どこかとっつきにくい壁のような…??

お話を伺ってみると、実は十数年前に一度パーソナルカラー診断を受けられたそうで、その時の結果が全く納得がいかず、パーソナルカラー自体に不信感を持っておられたそうです。それが最近、お友達が診断を受けて良かった、(前のが悪かったのは)先生が良くなかったからじゃない〜?と言われ、そんなに言うのなら、と思われたそうです。

でも、お洋服を買う時も店員さんと相談するし、お化粧品も相談して合うものを選んでいるし、と「そんなに困っていない」ご様子。強いて言えば、「口紅の色とか、自分でわかってサッと選べたら良いなと思う」とのことでした。

やはり警戒心?というか疑心暗鬼?というか…。。。

ところで以前の診断では、先生がY様の瞳の色が変わっているのでわかりにくい、と何度も言っておられたそうです。瞳の色でシーズンが決定づけられるわけではないので…古いやり方だったと言わざるを得ないのでしょうか。そしてSpringと診断されてお化粧をされたら、ものすごく違和感があって変だったそうです。10数年前は多少髪の色とか違ったのでしょうか…。にしてもSpringはないわ〜〜coldsweats01です。

ドレーピングを行いましたが、すぐに、「こっちは白く見える!」とか「暗くなる、老ける」などと違いを理解されていました。正しく診断していけば、初めての方でも必ず理解されるはずなのです…。

そして玄関ドアを開けた瞬間から、「バリバリのWinterさん来たsign03」って思った通りのWinterさんでした。メイク後鏡を見て「いつもより顔が白いsign01優しく見える」と気に入っていただけたようでした(ホッ)

お代もいただいた後、「実は…」から始まったY様のお話。驚きというかやっぱりというか。やっぱりやけど想像以上やったというか。何せ濃いお話になりました。多分1時間くらいお話していました。
そんなY様には、来られた時の「壁」はもちろんなく…表情も和らいでいましたheart04
警戒心なくなると実は結構お話好き、みたいなところもWinterさんっぽいsmile

ということで、種類は違うのですがある意味「再挑戦」という共通点のあった、昨日のお客さまでしたsign01

| コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧